works

tie

知人の証明写真を一度ピクセルに起こして、引き伸ばすことで各ピクセルごとに空白を作りドット状に描いたものです。 一見欠落だらけの色面が目で統合されることにより、人物に見える知覚の構造を利用して“わたし“という存在が集合体である事、自己の脆さや不確証さを提示します。

  • tie-no8 hajime Kuwazono

    tie no.8

  • tie-no10 hajime Kuwazono

    tie no.10

  • tie-no11 hajime Kuwazono

    tie no.11

  • tie-no12 hajime Kuwazono

    tie no.12

  • tie-no14 hajime Kuwazono

    tie no.14

  • tie-no18 hajime Kuwazono

    tie no.18

  • tie-no20 hajime Kuwazono

    tie no.20

  • tie-no30 hajime Kuwazono

    tie no.30

© Hajime Kuwazono All Rights Reserved.